韓国生活リアルレポート 略して韓活!

在韓広島県人のセム&ダイトが韓国での日常を広島弁で語る! ポッドキャストは毎月1日、15日更新! 韓国滞在ビザ情報もお届け中。

韓国での妊娠と出産: 妊婦検診の費用サポート(国民幸福カード)

   

 - 韓国滞在/ビザ情報

りんごユーザー(iPhone、iPadなど)の方は下のバナーをクリックするとPodcastアプリに接続します
AppleのPodcastアプリで聞く

妊娠中の豆

韓国で妊娠・出産を迎える方のためにセムの経験談をまとめておきます。
なお、この情報は2015年9月現在のものですので、必ず最新情報を確認するようにしてください。

韓国での検診費のサポート(コウンマムカード)

※2015年5月より国民幸福カードに名称変更

韓国の国民幸福カードの案内

日本だと母子手帳にチケットのような形で検診券がついてきますが、韓国ではそのような制度はありません。
かわりに韓国の国民健康保険加入者に対し、50万ウォンが入金されたバウチャーカード(あらかじめ入金されているチェックカード)が発行されます。

以前のコウンマムカードと支援内容は同じですが、カードの申請先が変更になったので要注意です。
最初の妊娠検査は自費で受けます。発行には1週間ほどかかるので、妊娠が確定したら早めに手続きを進めましょう。

保健福祉部の国民幸福カードについての案内はこちら(外部リンク)

加入できる人

国民健康保険の加入者および扶養者(外国人配偶者もOK、ご主人の扶養に入っていれば対象になります。)

支給金額

単胎(こどもを一人妊娠)の場合50万ウォン、多胎(双子など)の場合は70万ウォン

使用可能期間

出産予定日+60日まで(期間経過後は残額がなくなるので要注意)
なお、使用可能期間経過後も発行されたカードは普通のチェックカードとして使えます。

必要書類

病院から発行される妊娠確認書と身分証(外国人登録証)

この書類をもってカードの申請先(銀行)などに行って手続きをします。
詳しい場所についてはこちらのホームページを参照してください

出産に伴う診療費および検診費、入院費の支払いに使えるので、病院に行くときには必ず持っていきましょう。

セムのコウンマムカード使用体験談

ちなみにわたくしセムの場合、4か月検診から韓国の病院に通いだしたのですが、5か月検診から使い始めて臨月まで残高が残っています。
(NT検査以外の出生前検査、血液検査、超音波診療費、一般診療費を含む)

この調子だと、10ヶ月フルで使い、数万ウォン残るかな、といったところ。ちなみに韓国の場合、診療費は保険対象、超音波検査は保険対象外です。わたしが通っている病院ではだいたい1回の診療費が23,000~50,000ウォンの間でした。

次回は韓国での産婦人科検診体験談をお届けします。

 - 韓国滞在/ビザ情報

在韓出演ゲスト募集中!

Podcast 韓国生活リアルレポート 略して韓活! では韓国にお住まいの在韓ゲストを募集しております。外国人登録がお済みで、3か月以上韓国に滞在中の方が対象です。 ゲスト募集についての詳しい情報はこちらをクリック!

メールはこちらから

 メールを送る

ラジオネーム(必須)

メールアドレス(PCメール推奨)(必須)

メールアドレスのお間違いにご注意ください。

質問: 韓活ポッドキャストを主にどのようなアプリを使って聞いていますか?(必須)
次の中からひとつ選んでください。

タイトル(必須)

メッセージ

【送信確認】送信前に左のチェックボタンにチェックを入れてください。

送信後、ご記入いただいたメールアドレスに確認メールをお送りします。
自動返信メールが届かない場合はメールアドレスが正しくない可能性がありますので、再度お送りください。

  

この番組がええね!と思うたらぜひSNSでみんなにシェアしよう!