韓国生活リアルレポート 略して韓活!

在韓広島県人のセム&ダイトが韓国での日常を広島弁で語る! ポッドキャストは毎月1日、15日更新! 韓国滞在ビザ情報もお届け中。

韓国での妊娠と出産: 韓国の産婦人科検診体験談

   

 - 韓国滞在/ビザ情報

りんごユーザー(iPhone、iPadなど)の方は下のバナーをクリックするとPodcastアプリに接続します
AppleのPodcastアプリで聞く

妊娠中の豆 韓国で妊娠・出産を迎える方のためにセムの経験談をまとめておきます。 なお、この情報は2015年9月現在のものですので、必ず最新情報を確認するようにしてください。

産婦人科での定期健診と検査

定期健診のタイミング、内容は日本と変わりませんので日本語で情報を仕入れて行っても大丈夫です。妊娠・出産に関する本を日本語と韓国語で1冊ずつ手元においておくと便利です。あ~この単語はこう言えばいいんだな、というふうに韓国語の勉強にもなります。 ちなみにわたしが日本から持っていった本はこちら(紹介しているのは新版です)

出生前検査が一般的に行われている

血液検査ですぐにわかる簡単な検査なためか、奇形児検査は割と一般的に行われています。 わたしもNT検査、トリプルマーカーテスト、クアトロテストを受けました。 韓国の場合上記の3つはほとんどの人が受けるので、あえて希望しない場合は早めに担当医に伝えておきましょう。(保険未適用)

妊婦検診、どこまでが保険適用の範囲なの?

診療費: 健康保険適用 超音波検査(一般・精密): 健康保険未適用 血液検査や出生前検査など: 健康保険未適用(言うほど高くないです)

韓国で出産する病院の選び方

口コミ、自宅からの距離、Naverカフェ情報を参考にしよう

女医のみの病院や自然分娩、母乳育児をアピール、または緊急手術に対応できるなど、病院によって方針は様々です。また、病院は口コミが命です。地域ごとに有名な病院があるはずなので、そこに行っておくと確実です。

あとは近いことも重要。ピンチの時にはひとりでも駆けつけられる場所にしましょう。パパの仕事や時間に余裕があっても、選ぶ基準は「1人でタクシーに乗っていけること」です。いざというときにパパの車がないと…とか地下鉄に乗らないと…という距離だと不安です。わたしもその理由で5か月目に今の病院に転院しました。

またはNaverカフェにも情報がたくさんあります。詳細レビューもたくさんあるので、ひとつくらい加入しておくと情報収集が楽です。頭がクラクラするくらい韓国語で溢れていますが・・・(笑)

また、通常妊娠の場合は大学病院じゃなくても十分対応できます。韓国では規模によって病院ごとにランクが決められているのですが、総合大学病院の場合は3次病院になるので、2次病院以下の医療機関で紹介状(韓国語では所見書という)をもらわないと受診できません。

転院は気軽にできる?

わたしも一度転院しましたが、特に問題なくできました。中には後期に転院する人もいるようです。妊娠経過が順調であれば、転院しますと伝える必要もありません。
みんなしれっと転院しているようです。また、初診料という概念はないようです。転院の際は検査結果などの情報共有のため、前の病院でもらった母子手帳を持っていくといいでしょう。

赤ちゃんの性別はいつ教えてもらえるの?

わたしの場合、8か月で教えてもらえました。 7か月検診のときにさりげなくたずねてみたのですが、はっきりわからないと言われ、あまり期待しないで行ったら8か月目で先生のほうから教えてくれました。
病院によってはもっと早く教えてもらえるところもあれば、最後まで絶対教えてくれないところもあるんだそうです

セムの産婦人科通院体験談

わたしは韓国で2か所の病院に行きました。結論からいうと、2つ目の病院のほうがよかったです。

1つめの病院: 不妊治療・周産期で有名な某大学付属の病院

産科といえばここ、というくらい有名だったので、とりあえずはそこで検査しました。やはり数をこなしているぶん超音波などはうまいです。
人脈を駆使して評判のいい先生を選んで行ったのですが、教授という肩書きもあってか、その病院では指名料みたいな料金が発生するしくみになっていました。診療はすべて予約制です。でも、待合室でかなり待ちましたが・・・。

2つめの病院: 街で有名な産科専門病院(小児科も付属)

わたしが通った病院は知人の紹介で行くことになったのですが、一日に何人もの赤ちゃんをとりあげるその街では人気病院だったのでいつもたくさんの妊婦さんであふれてかえっています。 予約といってもノートに手書きでメモ、来れなかったらまた今度時間のあるときに来てくださーい、なんていわれるのんびり病院なのですが、待ち時間は予約なしの場合でも30分程度というところ。 必要ない検査などをすすめてこないのも好印象でした。

また、ここはすべての医師が女性なのですが、指名料などは発生しませんでした。ギリギリまで特にあれしなさいこれしなさいと言われることもなく、体重指導についても割とおおらかな感じ。とっても親切だったので、心配なく受診できました。また、この病院ではパパ同伴で受診するカップルもよく見かけます。

さて、次回は気になる産後ケア施設選びのお話をお送りしたいと思います。お楽しみに!

 - 韓国滞在/ビザ情報

在韓出演ゲスト募集中!

Podcast 韓国生活リアルレポート 略して韓活! では韓国にお住まいの在韓ゲストを募集しております。外国人登録がお済みで、3か月以上韓国に滞在中の方が対象です。 ゲスト募集についての詳しい情報はこちらをクリック!

メールはこちらから

 メールを送る

ラジオネーム(必須)

メールアドレス(PCメール推奨)(必須)

メールアドレスのお間違いにご注意ください。

質問: 韓活ポッドキャストを主にどのようなアプリを使って聞いていますか?(必須)
次の中からひとつ選んでください。

タイトル(必須)

メッセージ

【送信確認】送信前に左のチェックボタンにチェックを入れてください。

送信後、ご記入いただいたメールアドレスに確認メールをお送りします。
自動返信メールが届かない場合はメールアドレスが正しくない可能性がありますので、再度お送りください。

  

この番組がええね!と思うたらぜひSNSでみんなにシェアしよう!