韓国生活リアルレポート 略して韓活!

在韓広島県人のセム&ダイトが韓国での日常を広島弁で語る! ポッドキャストは毎月1日、15日更新! 韓国滞在ビザ情報もお届け中。

韓国での妊娠と出産: 母子手帳は病院ごとの発行

      2015/10/10

 - 韓国滞在/ビザ情報

りんごユーザー(iPhone、iPadなど)の方は下のバナーをクリックするとPodcastアプリに接続します
AppleのPodcastアプリで聞く

妊娠中の豆
韓国で妊娠・出産を迎える方のためにセムの経験談をまとめておきます。
なお、この情報は2015年9月現在のものですので、必ず最新情報を確認するようにしてください。

韓国の母子手帳

韓国の母子手帳は病院ごとの発行です。転院すると新しい手帳が発行されます。
病院ごとに手帳のクオリティなども違います。
ちなみに母子手帳ケースなどは必要なし。サイズも形も病院ごとに大きく異なります。

妊娠・出産を記録する手帳、というよりは診察券という扱いに近いです。病院に行くたびに持って行きます。
中には超音波写真を貼るページや妊娠中の過ごし方などが書かれています。病院の宣伝やベビー用品の広告が入る病院もあります。わたしの手帳も○○で全国1位を受賞!とか、ドラマのロケで使われました!みたいな言葉がところどころにちりばめられています。

日本の母子手帳ももらえるの?

日本に住民登録があれば、日本の役所の保健課で発行してもらえます。わたしも記念に1冊もらいました。後ろには診療費を補助するチケットがついているのですが、わたしは帰省中に妊婦歯科検診に行きました。

出産一時金は海外にいてももらえる?

日本に住民票があり、国民健康保険に加入していれば42万円の出産一時金が海外にいてももらえるらしいという情報を在韓の友達から聞いたので、海外在住ですが健康保険はそのままにしています。もちろん保険料がかかりますので、維持するかどうかはあなた次第です。ざっと調べた情報によると、広島市の場合、出産後2年以内に申請すればもらえるとのことなので、里帰りの際に直接区役所に出向いて申請するつもりです。
これについてはまた出産後、詳細をレポートしようと思っていますのでお楽しみに。

次回は気になる病院代の話(韓国での妊娠と出産: 妊婦検診の費用サポート(国民幸福カード))をお届けします。

 - 韓国滞在/ビザ情報

在韓出演ゲスト募集中!

Podcast 韓国生活リアルレポート 略して韓活! では韓国にお住まいの在韓ゲストを募集しております。外国人登録がお済みで、3か月以上韓国に滞在中の方が対象です。 ゲスト募集についての詳しい情報はこちらをクリック!

メールはこちらから

 メールを送る

ラジオネーム(必須)

メールアドレス(PCメール推奨)(必須)

メールアドレスのお間違いにご注意ください。

質問: 韓活ポッドキャストを主にどのようなアプリを使って聞いていますか?(必須)
次の中からひとつ選んでください。

タイトル(必須)

メッセージ

【送信確認】送信前に左のチェックボタンにチェックを入れてください。

送信後、ご記入いただいたメールアドレスに確認メールをお送りします。
自動返信メールが届かない場合はメールアドレスが正しくない可能性がありますので、再度お送りください。

  

この番組がええね!と思うたらぜひSNSでみんなにシェアしよう!